技術部 関山 夏実

WAKO'Sを選んだ理由は何ですか

最初は大学主催での企業説明会で「化学製品」という言葉に惹かれ、興味を持ちました。説明会に参加し、実際に選考を受けて実験室を見学したり製品を見て、「他には無いオリジナリティのある製品を、自信を持って作りたい」という思いを叶える事ができる会社だと実感し、入社を希望しました。

今の仕事の内容は何ですか

製品開発の担当者として、主にグリース製品や化粧品ブランドの企画・開発と、製品成分などの分析・研究を行っております。普段は実験室で資料や分析機器に囲まれて業務をしていますが、製品の説明や市場リサーチのために営業担当者に同行して、取引先様のイベントなどに出向く事も増えました。

今の仕事のやりがいのある所を教えてください

やりがいは何より「SUPER QUALITY」の製品を作ることが実感できる所です。製品開発の段階で「妥協」した製品は作りませんし、リリース後もお客様の反響を伺って、さらに良い製品にしようと改良する事を前提としているので、「SUPER QUALITY」が実現するのだと思います。

仕事で苦労した所は何ですか

学生時代は有機化学の勉強をしていたので、工業製品についてはまったくの畑違いと感じていました。一から勉強しなおさなければならない事も多く、正直大変でした。 車やバイクが特別に好きというわけではなかったため、エンジンオイル、グリースについてわからない事が多かったのですが、入社してすぐに研修があったり、わからない事や迷いがあると上司や先輩がアドバイスをくださるので、苦労はありましたが不安はありませんでした。

入社して印象深い事は何ですか

入社内定から毎年、富士スピードウェイで行われるSUPER GPを見に行っています。 初めて、先輩に連れられて出場チームのピット内を見学したとき、そこで体感したエンジンオイルとタイヤの匂いやブレーキ音は、それまで車にさほど興味が無かったわたしにとっても、別世界を覗いた新鮮さと驚きを感じ、「面白い!」と思いました。 また自動車だけでなく自転車のレースにも足を運びましたが、とても面白いです。 “面白い!”を仕事に活かせることも、この仕事の更なる面白さだと思います。

WAKO'Sで働く魅力は何だと思いますか

グリースや化粧品に限らずどの開発でもそうですが、実際に現場に出ている営業の方やお客様、レースで製品を使用している選手から意見を伺いながら開発が出来る所です。 「こういった性状がほしい」「この性質は良いけれど、こっちはもっと上げてほしい」などの意見をダイレクトに聞き、それをオリジナリティのある製品開発に活かせるのはとても魅力的です。 また、先輩方が培ってきた工業用品のノウハウを、工業用品だけに留まらず化粧品開発にも活かせるのも和光ケミカルならではだと思います。

休日はどのように過ごしていますか

写真を撮るのが好きなので、初めてのボーナスで買った一眼レフを持って箱根や鎌倉へふらっと食べ歩きに出かけ、ご飯の写真を撮ったりするのが楽しいです。 また、自転車のロードレースのイベントに行って選手の写真を撮ったりしています。 先輩方が皆さん多趣味なので、写真の撮り方を教わったり、美味しいご飯屋さんを教えていただいて食べに出かけたりしています。 長期の休みもあるので、好きなアーティストのライブに旅を兼ねて出かけたり、自分の趣味に時間を使う事が多いです。
技術部イメージ

ある一日のスケジュール

一日のスケジュール