小林

WAKO'Sを選んだ理由は何ですか

何気なく見ていた二輪雑誌の求人募集記事で会社を知りました。
ケミカルチューンって何だろう?オイルやケミカルで何かできるのかと興味を持ちました。早速、フューエルワンという商品を購入し自分のバイクに使用してみたのですが期待にワクワクし、なんとも楽しかったので、面白い物を作っているこの会社で働いてみようと決めました。
職種は営業を希望しました。技術力で開業した知り合いから営業の重要性を聞いていたことが大きいです。

入社して印象深い事は何ですか

営業時代は多くの方に出会いそれまでの人生とは全く異なる経験が出来ました。
営業という職種ならではの体験はどれも印象深いものばかりです。人として成長させていただき、ありがとうございました、という思いです。
驚いた事として印象に残っているのは、入社してからモータースポーツ事業部の存在を知ったのですが、前職でモータースポーツ業界に携わっていましたので、WAKO’Sという聞いたことが無い会社が専門部署を持っていることにとても驚きました。

今の仕事のやりがいのある所と苦労する所を教えてください

モータースポーツ事業部はWAKO’Sという高級ブランドを支える高性能、高品質商品を実証するため、国内レースを舞台に活動しています。具体的には最高峰カテゴリーから入門クラスにいたるまで、様々なジャンルに精通した専門スタッフが、その現場に最適なアドバイスやサービスを行っています。
どんなに良い商品であっても正しく使われていなければ本来の性能を発揮することはありません。現場だから分かることがあります。この現場主義は創立時から受け継がれている営業スタイルそのものであり、この経験値がWAKO’Sクオリティーを高め、カーライフに欠かせないオンリーワンの商品へと繋がっています。
ユーザーに寄り添い、その挑戦をサポートするスタイルはWAKO’Sの真骨頂といえます。
この現場主義こそがやりがいのあるところであり苦労するところでもあります。

今後の目標を教えてください

我社の製品を使ったレーシングマシンが世界一になることが目標です。
やはり日本産のWAKO'Sが世界の舞台で活躍することを実現したいです。
物の力だけでは通用しないのがモータースポーツだと思います。
WAKO’Sを冠する商品、そこには必ず人が存在します。だからこそモータースポーツで戦えると思っています。
多くの方に支えられWAKO’Sブランドが作られています。その期待に応え続けたいです。

仕事が終わってからはどのように過ごしていますか

家族と一緒に居る時間を大切にしています。とにかくあれやこれやと色んな話をするようにしています。

休日はどのように過ごしていますか

一人の時間が出来ると、許される限りギターを弾いています。

ある一日のスケジュール

一日のスケジュール